文字の」タグアーカイブ

【イラレッスン】部分的に文字の色やデザインを変える

タイポグラフィでよく見られる文字を部分的に違う色やデザインにする方法を簡単に紹介します。
「猫」という字の1部分に尻尾を、また田のところを顔に変えます。

字とデザインを用意

まず、猫という字としっぽと猫の顔の形を用意します。

文字をアウトライン化

文字を選択ツールで選択し、右クリック→アウトラインを作成でアウトライン化します。

部分的にカッターで切る

いらない部分をカッターで切ります。カッターはオブジェクト上をどこでも切れます。はさみはアンカーポイントのところで切れます。

文字のグループ解除

文字のグループを解除して、もしその部分だけ色を変えたいのであれば選択し色を変えることができます。今回は切った個所はいらないのでダイレクト選択ツールで選択し、削除します。

完成

つなぎ部分の微調整はダイレクト選択ツールで調整し、完成です。

【イラレッスン】文字の塗りを画像にする

文字の塗りを画像にしたいとき(文字でくり抜きたいとき)の方法です。
簡潔に紹介します。

写真(画像)を用意

ファイル→配置→選ぶ→クリック(画像と同じレイヤー上)

文字を用意

デザイン(Design)という単語にしてみました。
文字ツールで作成します。

文字をアウトライン化

選択ツールで文字の Design を選択し、
書式→アウトラインを作成、または選択後に右クリック→アウトラインを作成をします。

これでテキストはオブジェクトになりました。

複合パスの作成

文字を選択したまま、オブジェクト→複合パスの作成をします。
作成後は文字の塗りも線も消えてしまいます。

文字を画像上に移動

文字が画像の前面に来るようにします。
塗りがどうなるのかを確認しながら配置します。

クリッピングマスクの作成

2つのオブジェクト(画像と文字)を選択し、オブジェクト→クリッピングマスクの作成で完成です!
少し分かりにくい画像を使ってしまったので文字の線をつけてみました。