インクスケープとは」タグアーカイブ

【Inkscape】Inkscapeについて

AdobeのIllustratorをはじめ、世の中には色々なデザイン系のツールが出ています。
その中で、こんなに使えるのに無料なの⁉という機能を備えた Inkscapeという 驚きのソフトと出会いました。ロゴ、アイコン、名刺、表紙、チラシ等。使い道は様々です。
5年くらいかけて使いこなせるようになりたいなぁというスピード(かなりゆったり)での習得を計画中ですが、ぜひ初心者の私と一緒に学びましょ。

1. Inkscapeとは

ベクター画像形式のソフトです。ベクター画像とは小さい点の集合で出来ているラスター画像とは異なり、拡大しても画質が落ちないソリッドな画像が特徴です。
Inkscapeの公式ウェブサイトはこちらです!
では、さっそくダウンロードして使ってみましょう。 ダウンロード後、起動します。

2.名称と役割

最初は、画面上の機能の多さに圧倒されるかもしれませんが、少しずつ慣れていきましょう。
まずは名称と大まかな役割を紹介します。


メニュー

新規作成、保存、環境設定など一般的な設定をするところで、ここでほぼ何でもできます。それぞれのバーのサイズも変更可能です。

コマンドバー

コマンドバーはメニューの下側に位置し、印刷、保存、ズームイン・アウトなど、色々な機能のショートカットです。

ツールボックス

左側に縦に位置しています。こちらがInkscapeでよく使う大事なツールたちです。図形や線が描けます。

ツールコントロールバー

図形を回転させたりレイヤーの順序を指定したりできます。サイズ等は、ツールボックスの中の機能に呼応して変化します。

スナップコントロールバー

右側に縦に位置しています。名前にスナップがついているだけあり、スナップに関するボタンです。

3.使い始める前に

設定をします。
メニュー左のファイル→ドキュメントのプロパティ→カスタムサイズの単位をピクセル(px)に設定します。


4.ショートカットキー

さてInkscapeのダウンロードが済み、準備は整いましたでしょうか。
早速、使い始めたいですね。
その前に、やはり知っておきたい大事なショートカットキーがいくつかありますので、ご紹介していきます。
ショートカットキーをマスターするだけで作業時間がかなり短縮されます。
ちなみにショートカットキーですが、Illustratorと同じだったら混乱はしないのですが、やはり異なります。

  • キャンバスを色々な方向に動かす
    • spaceキー を押しながらマウスを動かす
      カーソルが4方向にのびた形になりキャンバスがそれにくっつくような感じで動きます
       
  • キャンバスを上下に動かす
    • マウスのミドルボタンを上下に動かす
      こちらはブラウザで記事を読むときと一緒です
      ですが、方向キーの上下では動きません

  • キャンバスの拡大縮小 
    • コントロールを押しながら、マウスのミドルボタンを上下に動かす(またはマイナス・プラス)
      これはとてもよく使います。拡大して作業したいときに便利です。
他にもショートカットキーはたくさんあります。たくさん覚えて効率よく作業をしていきたいです。