【Inkscape】ペンツールの使い方

ペンツールの使い方を紹介します。
まず基本的に理解しておきたいことは、マウスをクリックしながらなぞって描くわけではないということです。これは Illustrator でも同じですが始まりと終わりを指定して線を描いていきます。


では、まずペンツールの動きになれるために簡単な線を描いてみましょう。

不透明度を下げた四角を用意しました。その四角の縁を書いてみます。
スタート地点を決めてその上をクリックします。右にぴーっと伸ばしダブルクリックか、クリック+エンターキーを押します。そうするとマウスの後を引いていた線が切れます。
F1キーを押し、選択ツールに戻すと直線が決定されました。
一筆で一気に書いてしまいたい場合は、各角でクリックしながら次の角に向かってぴーっと伸ばしていきます。
スタート地点に戻った時に、赤い四角のマークが出てきます。そこをクリックし、四角が完成します。 では次に円の縁をなぞります。ちょっと難しい。

ペンツールに変えた後に、ツールコントロールバーの左から3番目のところをクリックします。 カーソルをのせるとCreate BSpline pathとあります。丸みを帯びた線画できるのだと想像できます

一定の間隔をあけながら円の縁をなぞるように1周するまでクリックを繰り返していきます。クリックしたところは赤い線でつながれて、中には青い円が描かれていきます。
ツールボックスの上から2番目のノードツールに替えて、赤い線上のとがっている箇所(ダイアモンドの形)を広げたり縮めたり、上下に動かし曲線を調整します。
仕上がりはこのようになりました。
ペンツールで思うような線を描けるようにすることはすごく大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA